脱毛ラボ 愛知

エステの脱毛と病院の脱毛の違い

 

エステの脱毛と病院の脱毛の違いとは

 

脱毛ラボ,愛知,店舗,名古屋栄店,名古屋駅前店,愛知県,脱毛,場所,行き方

 

脱毛をする際、エステと病院では違いがあります。
その違いとは何なのかを紹介してみます。

 

 

資格が必要かどうか

 

病院の脱毛は医療行為なので、医師の資格が必要です。
それに対してエステの脱毛は、資格なしで行える処理法になります。

 

病院で行う脱毛ほ医療レーザー脱毛、エステで行う脱毛は光脱毛(フラッシュ脱毛)になりますが、脱毛の原理はほぼ同じでその違いは出力の大きさにあります。

 

 

病院で行う脱毛とは

 

病院では医療レーザー脱毛を行いますが、これは医師にしかできないものになります。
医療レーザー脱毛は出力が強いので、万が一肌が炎症を起こしてしまったときには医師でないと対応できないからです。

 

また、医療レーザー脱毛は高度な医療行為としてみなされるので、費用が高額で保険が適用されません。
しかし、レーザーの出力が大きい分効果が大きいので、通う回数は少なくて済みますが、少々痛みがあります。

 

痛みの度合いとしては、輪ゴムで弾かれたくらいのものです。
しかし、部位によっては声が出る程痛いこともあるで、麻酔を希望する人もいます。
特にVIOや太ももが痛いと言われています。

 

それから、医療レーザー脱毛の施術は永久脱毛になります。

 

 

エステで行う脱毛

 

エステで行う脱毛は光脱毛(フラッシュ脱毛)で、知識があれば無資格で誰でも施術できるものになります。
そのため、出力が弱く、効果も医療レーザー脱毛に比べると低いです。

 

しかし、出力が弱い分、痛みも少なくて済みます。
痛みの度合いとしては、一瞬だけパチッと小さな痛みを感じる程度のものです。

 

 

医療レーザー脱毛でも光脱毛(フラッシュ脱毛)でもない脱毛法

 

医療レーザー脱毛や光脱毛(フラッシュ脱毛)の他に、電気脱毛(ニードル脱毛)という脱毛法があります。
電気脱毛(ニードル脱毛)は基本的に病院で行われますが、一部脱毛サロンで行っているところもあります。

 

電気脱毛(ニードル脱毛)とは、毛穴に針を刺し、そこに電流や高周波を流して毛根から毛を抜くというものです。
痛みは医療レーザー脱毛よりも強く、どんな痛みかというと毛を引っ張って抜くときの痛みよりちょっと痛くないくらいのレベルです。

 

しかし、痛みが強いだけあって他のどの脱毛法よりも永久的な脱毛効果が高い脱毛法になります。
ただし、毛を一本一本施術するので、とても時間がかかるのが短所になります。

 

 

脱毛法にはそれぞれメリット、デメリットがあるので、それらを考慮して自分に適した脱毛法を選ぶようにしましょう。

 
ホーム RSS購読 サイトマップ