脱毛ラボ 愛知

脱毛、除毛、永久脱毛の違い

 

脱毛、除毛、永久脱毛の違いとは

 

脱毛ラボ,愛知,店舗,名古屋栄店,名古屋駅前店,愛知県,脱毛,場所,行き方

 

脱毛、除毛、永久脱毛の違いって何かわかりますか?
一見同じように思えますが、実は違いがあります。

 

今回はその違いを紹介してみますね。

 

 

脱毛とは

 

脱毛とは毛根から毛を抜くことを言います。
基本的にしばらくするとまた生えてきます。

 

脱毛の種類には、ワックス脱毛、光脱毛(フラッシュ脱毛)、毛抜きで抜く行為などがあります。

 

脱毛サロンの光脱毛(フラッシュ脱毛)は永久脱毛ではありませんが、黒い色素に反応する光で毛根を焼くので、回数を重ねる毎に毛が細くなったり、ほとんどムダ毛処理をしなくても良いような状態になります。

 

 

除毛とは

 

除毛とは肌の表面の毛を除去することを言います。
つまり、毛根は毛穴に残ったままの状態になります。

 

除毛の種類には、カミソリで剃る行為や毛を溶かして除去する除毛クリームなどがあります。

 

一時的に肌表面に出ている毛を削除するだけなので、当然またすぐに毛は伸びてきます。
根本的に毛が細くなったり、薄くなったりはしないので、頻繁に除毛ケアが必要になります。

 

そこで、除毛を行う上の注意点として、頻繁に行えば行うほど肌に負担をかけることになるので、
肌トラブルには十分気をつけなければなりません。

 

肌が弱い人には向かない方法と言えるでしょう。

 

 

永久脱毛とは

 

永久脱毛の定義は1ヶ月間の毛の再生率が20%以下であることと言われています。
なので、厳密には永久脱毛をしても毛は生えてきます。

 

また、永久脱毛という言葉は脱毛サロンでは使えず、医師法で医師だけが使うことが許されているものになります。
そんな永久脱毛の種類には、医療レーザー脱毛と電気脱毛(ニードル脱毛)があります。

 

 

医療レーザー脱毛について

医療レーザー脱毛は光を毛根に当てて脱毛します。
脱毛の原理は光脱毛(フラッシュ脱毛)とほぼ同じですが、出力が医療レーザー脱毛の方が大きいのが特徴です。

 

ちなみに、レーザーの光は黒い色素に反応するので、日焼けをしていると施術はできません。

 

 

電気脱毛(ニードル脱毛)について

電気脱毛(ニードル脱毛)は毛穴一つ一つに針を突っ込み、電流や高周波を流して毛根を焼いて毛を抜く脱毛法になります。
電気脱毛(ニードル脱毛)は、医療レーザー脱毛ではできない場合でも施術できるというメリットがあります。

 

例えば、肌が日焼けをしていたり、白髪、眉毛などの細かい箇所です。
電気脱毛(ニードル脱毛)は黒い色素に反応するものではないので、肌の日焼けや白髪でも関係なく施術できるというわけです。

 

 
ホーム RSS購読 サイトマップ